診療ポリシー 施設案内 診療案内 よくある質問 美容相談室 アクセス
男性診療

真性包茎(嵌頓包茎)

包皮口が非常に狭く、完全に亀頭をおおっていて、それを反転出来ないもの。 真性包茎や嵌頓(かんとん)包茎の場合、包皮口が狭く亀頭が出ないか、出にくい為、包皮口の狭い部分を広げ亀頭を出してあげなければなりません。

手術方法
包皮の狭い部分を、背面切開や環状切開で広げます。手術の傷跡は、背面切開より環状切開の方が、出来上がりが綺麗なので、環状切開法によることが多いです。傷跡は、冠状溝の近くに残ります。
真性包茎(嵌頓包茎) 16万円

仮性包茎

包皮が亀頭をおおっているが、包皮を引っ張れば、亀頭が出てくる状態のもの。 仮性包茎は、必ずしも手術しなければならない訳ではありませんが、 見てくれの問題などのため、手術希望者は少なくありません。

手術方法
包皮口が狭くなっていないか、軽度なため、傷跡が目立たなくなるように陰茎の根元で行います。 術後2日目と5〜7日目に通院していただきます。 疼痛は殆どありません。術後注意しなければならないのは、出血と感染です。その為、手術当日は安静が大切で、不潔にならないように心がけなければなりません。傷跡は、陰茎基部に残ります。
仮性包茎 15万円

※美容外科手術には上記金額の他に初診料5,000円、薬代5,000円、再診料2,000円〜10,000円、消費税が掛かります。



トッピング治療にご用心!
手術の際に、ある病院では患者さんの弱みにつけ込んで、 「亀頭を大きくした方がよい」と、コラ-ゲン等の注射をすすめることがあります(これをトッピング治療といいます)。しかしながら、このトッピング治療は、全く意味がありませんので、ハッキリと断ることが大切です。 各種ご相談は美容相談室からご遠慮なくどうぞ。また、過去にみなさまから頂いた相談内容をまとめた「美容相談室アーカイブ」もございます。ご参考になさってください。

美容相談室

二重まぶた
脱毛
ほくろ・シミ・アザ・刺青
豊胸
陥没乳頭
若返りスキンケア
唇を薄く
でべそ
鼻・耳・あご
その他
男性診療
院長の美容医療相談室
手術に関するお悩みに西山院長がお答えします!
日本美容医療協会
日本美容外科学会が母体となり、内閣府が認定した唯一の美容外科医の公益社団法人です。

COPYRIGHT (C) NISHIYAMA BIYOU KEISEI CLINIC ALL RIGHTS RESERVED.
西山美容・形成外科医院 TEL. 03-3989-1319 東京都豊島区南池袋1-24-6 深野ビル3階


TOP